多くの人に関係する税金対策

税金対策と言うと、個人事業主や起業家が気にするイメージが強いかもしれません。

しかし、アルバイトをしている人でも、場合によっては気にする必要が出てきます。

アルバイトをする時に気になるのはやっぱり給与です。

時給はもちろんのこと、働く日数や1日の労働時間を計算して、月にどのくらいのお金を稼ぐことができるのか、把握しようとする人は多いのではないでしょうか。

しかし、金額によってはたくさん稼げば良いというものでもなくなります。

その理由は、所得税と扶養に関係してくるからです。

まず、所得税については、年間で103万円以上稼いでしまうと税金を払う義務が生じてしまいます。

勉強の合間に働く学生や、家事をしながらアルバイトをする主婦の場合、103万円になるかどうかの境目になることも珍しくありません。

所得税を払わなくて済むように、年間の給与合計を確認しておく必要があります。

また、扶養と税金の関係性も知っておきましょう。

給与から給与所得控除を引いたあとの合計所得金額が38万円を超える場合、扶養からはずれることになります。

扶養から外れてしまうと、年金や健康保険を始めとした支払い義務が生じます。

せっかく頑張って稼いでも、扶養から外れてお金を払うことになるのは損ですよね。

このように考えると、税金対策というのは誰でも考えておくべきものと言えます。

総所得がそれほど大きな金額でない場合でも、しっかりとした税金対策を行うために、基本的なことを把握しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です