アルバイトで必要となる税金対策

アルバイトをしていて年間103万円以上働いた場合、税金を支払う義務が出てきます。

月々に計算してみると、月約9万円となります。

税金対策として月約9万円を超えた場合、税金が引かれるという事を頭に入れておく事が重要になります。

しっかりと稼ぐためにアルバイトをしているので、出来るだけ税金は払いたくないですよね。

そのため税金対策をしっかりととりながら毎月の仕事の量を制限しているけれど、超えてしまう事もあります。

そういう場合は一体どうしたらいいでしょうか。

実は月約9万円を超えた場合に引かれる税金は、仮の税金とされます。

そのため支払い過ぎた税金は、年末調整によって還付金として返ってくるようになっています。

毎年の年末調整の際にはきちんと記入するようにしましょう。

年間で103万円を超えていなければ、月に約9万円を超えてしまっても申請をする事によってほぼ全ての還付金が返ってくる事もあります。

また勤労学生控除という制度を利用する事によって103万円を超えても、所得税の場合は27万円、住民税の場合は26万円控除を受ける事が出来るようになります。

この勤労学生控除とは学校に通う学生が、どこかに勤務していて年間65万円以上の給与所得を得た上に、10万円以上の給与以外に所得を得ていなければ控除の対象となります。

この制度を利用するための手続きは簡単で、アルバイト先に提出をする源泉徴収票にチェックをするだけでいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です