税金対策か収入アップか

配偶者が会社員であっても、その人の給料だけで暮らしていけるとは限らないでしょう。

子供がいる家庭では教育費の捻出が大変でしょうし、一軒家やマンションを購入した人は住宅ローンの返済を負担に感じているかもしれません。

それらの費用が捻出できたとしても、自分達夫婦の老後の資金が一向に貯まらないことに不安を感じる人もいるでしょう。

そんな時、主婦がパートやアルバイトに出ることで家計トータルの収入アップを狙おうと考えるのは自然なことでしょう。

会社員の配偶者がアルバイトをする場合、税金対策として2点覚えておく必要があるかもしれません。

一つは、年収103万円を超えると自分自身の給与に所得税がかかることです。

アルバイト収入は給与所得に分類され、年収から給与所得控除(最低65万円)を控除したあと、基礎控除38万円を引いた残りに対して所得税がかかります。

年収103万円であれば給与所得控除と基礎控除を引くことで所得はゼロになりますから、所得税を納める必要がありません。

また、会社員の配偶者側で控除されている配偶者控除も自分が103万円以内の年収であれば影響を受けないことになっています。

つまり、アルバイト年収103万円以内に抑えることが税金対策の一つになるわけです。

もう一つは、年収103万円にとらわれすぎないことでしょう。

真剣に家計収入アップを狙うのであれば、自分の所得税負担や配偶者側の配偶者控除による税金のアップ分を上回る年収を稼げばいいはずです。

自分自身はどちらを狙うべきかをよく考えることが大切でしょう。

所得や控除など難しい用語だらけでとっつきにくいイメージの税金ですが、家計に大きく影響する問題ですから、主婦だってしっかり税金対策を学んでおきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です